平日毎日更新!

コミック@バンチとGOGOバンチとBバンチの作品が毎日読めるよ!

1

第1話選手権 第1回

漫画賞

特例子ども養護施設

奨励賞「10万円」
つきあか倫(つきあかりん)
大阪府/26歳
STORY
母親を早くからなくしてしまった「晟」は、施設から引き取った「れむ」という少年と父親の3人で暮らしていた。本当の家族のように穏やかな日々を送るが、ある日、晟は、父親とれむの秘密を知ってしまい…?
編集部より
前半、幸せな家庭の風景から始まり、「ある出来事」をきっかけに徐々に晟の暗い過去が明かされていく転調の作り方が巧みでした。「ある出来事」のきっかけとなる「れむ」と、彼のような特殊な能力を持った子どもたちを擁する『籠野児童養護施設』という設定を終盤に匂わせるみせ方も、続きが気になる要素となっていました。

ウニベルソ

奨励賞「10万円」
栗村カボ(くりむらかぼ)
神奈川県/28歳
STORY
人の記憶を食べる生物「ウニベルソ」。この奇妙な生物に、過去の記憶の殆どを食われてしまった「まさら」は、ウニベルソの捕獲などを請け負う、「ウニベルソ総合研究センター」に勤め、自分の記憶を奪ったウニベルソを探すのだった。
編集部より
人の記憶を食う謎の生物「ウニベルソ」の謎と、主人公「まさら」の記憶の行方という謎が、読者の興味を上手く誘っていました。どこかドライなSF的世界観も、読者を引き込む味となっていました。設定自体にも特別な難解さはなく、短いページの中で世界観をしっかりと説明しつつ、スムーズに物語に入っていける作りになっているのも好印象でした。

総 評

まずは、Bバンチの新漫画賞「気になる! 第1話選手権」に多くのご応募をいただきありがとうございました。全体的にはきれいにまとまっている作品が多かったのですが、同時にまだまだインパクトに欠ける印象も受けました。描いている自分自身が、「着地の仕方がわからない…」、「この展開、畳めるかな…」と悩むくらい、もっと向こう見ずな挑戦をして欲しいと感じました。キャラクターと自分をとことん追い詰める絶望を越えた時、「気になる」作品は生まれると思います。
その中で今回受賞された2名は、共に20代女性。荒削りながらも何かを伝えようとする熱を感じました。“物語の第1話だけで判断する”という初の試みに多少の不安を感じていましたが、編集部としても価値ある挑戦だったと思います。「気になる! 第1話選手権」は第2回も開催予定です。僕たちがまだ知らない才能、僕たちがまだ知らない物語をお待ちしております。

  1. トップページ
  2. 第1話選手権
  3. 1