平日毎日更新!

月刊コミックバンチとBバンチの作品が毎日読める!

さよならわたしのおかあさん

漫画家・吉川景都が初めて描く、「亡き母の思い出と、母娘を巡る」自伝的エッセイコミック。自分が子供をもって初めて気づいた「母の行動」や「母の言葉」の数々。子育て中の現在と、亡き母の思い出が、重なりながら紡がれる希望の物語。

吉川景都

代表作は『片桐くん家に猫がいる』『猫とふたりの鎌倉手帖』『子育てビフォーアフター』。吉川景都のツイッターはこちら
→(https://twitter.com/keitoyo)

不定期水曜日更新 最終更新日:2018.4.11 / 次回更新日:2018.4.25
応援コメント投票数:4030
この作品を応援する 応援済みです

右のボタンを押して作品を応援しましょう! 1日1回応援できます。

2018/04/23
私の母も、一年前にガンで亡くなりました。漫画の中で作者様のお母様が「大丈夫大丈夫」と言っていた場面、状況が似ていて涙が出ました。亡くなる前まで元気にしていたので(そのように見えただけかもしれませんが)、余命宣告の期間以上に生きられると思っていました。ほんとに余命が決まったなんて信じられなかったし、信じたくなくて。。実際は余命宣告よりだいぶ短く、急でした…

まだ全然向き合えておらず、世界で一番自分が辛いんじゃ…と思ってしまうくらいに悲しみに暮れています。何を見ても何をしても、母との思い出が浮かび涙が滲みます。こちらの漫画とコメント欄を見て、改めて、くよくよせず、自分も強く生きなければと思い、勇気をもらいました。
続きを楽しみにしていますが、無理せず作者様のペースで描いていただけたらと思います。お身体ご自愛くださいね。
2018/04/22
子育て…からみてるからギャップに色々やられてしまう…
2018/04/22
自分とリンクして苦しくなるの同時に気持ちが軽くなりました。ワンオペ育児真っ只中のママさんたちにも届くといいな。
2018/04/22
ウルってきます(涙)
2018/04/22
泣ける。
他のコメントを見る>
  1. トップページ
  2. 水曜日
  3. さよならわたしのおかあさん